“ ありがとう リヴァプール! ”

 2014-05-12
昨夜、イングランド・プレミア・リーグの最終節があって、残念ながらリヴァプールは24年ぶりの優勝は出来ませんでした。

わずか勝点2、マンチェスター・シティに及びませんでした。


でも、今期は本当に楽しませてもらいました。

ヨーロッパ・サッカーを観始めて、こんなに興奮する日々をおくったのは、2005年にヨーロッパ・チャンピョンズ・リーグに優勝したとき以来です。


その後は、リーグ戦2位の年もありましたが、今年ほどの接戦ではなかったですから、今年のように残り3試合全部勝ったら優勝という状況には少し期待をしてしまいました。

しかし、連勝が続いていたとは言っても、やっぱりプレッシャーもあったのか、甘くはなかったですね。


直接的には、チェルシー戦での敗北が痛かったわけですが、このときのジェラードのミスを責めることできないです。

ジェラードは長年にわたり、イングランドの、あるいはチームの精神的支柱としてがんばってきましたから、本当にすばらしい選手だと思います。


彼がいるお陰で、いろんなメンバーをまとめて、ここまで健闘したわけで、来シーズン切りのいい25年ぶりのリーグ優勝を目指して、さらに存在感を発揮して欲しいと思っています。

そのためには、得点王スアレスにはぜひ残留して欲しいです。


スアレスはW杯で活躍すると思いますし、バルサやレアルからのオファーもあるようですが、メッシやロナウドがいるチームに行ってもつまらないですね。

今年の悔しさを、来年、悲願の優勝につなげて欲しいと願っています。


絶賛大活躍中の多部ちゃんについで、私の心の支えになっているリヴァプールの優勝を、生きてるうちにぜひ見てみたいものですw



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1851-2ab1c9ac

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫