“ ツレも満足 ”

 2014-05-25

昨日は、嫁さんがはじめて多部ちゃんの舞台を観ました。

舞台はあまり好きじゃないのですが、せっかく名古屋でやるのだからと連れ出しました。


もちろん『やまたろ』以来、私と一緒にすべての多部ちゃんの作品を観てきましたから、彼女のことは好きですが、私について東京までということはしません。

だから、半ば無理やり、当然でしょという感じで行ったわけです。


そして、結果としてはかなり満足したようです。

途中少し眠くなって、ガムを噛んだりしていましたが、第3幕は集中していました。


日頃、映画を観るのも、カンヌやベルリンなどの映画祭で入賞したヨーロッパのシブい硬派の作品を一緒に観ることが多いですから、今回のような作品は好きなんですね。

逆に大人計画などのハチャメチャっぽい舞台や甘口の舞台は好まないようです。


事前情報は、私からは一切話してませんが、臓器移植がらみの話ということは、映画は観てないですが、宣伝などで知っていたようです。

あと、最近はクローンを題材にしたドラマも多いですしね。


まあ、感動するとまではいかなかったようですが、多部ちゃんをはじめとして、全員のしっかりとした演技や、大掛かりなセット、奥行の深さを活かした照明効果などに感心していました。

セリフ回しについては、私と同様、文乃ちゃんがところどころ聴きにくかったのが気になったようです。


いままでの多部ちゃんの舞台は映像で観ていますが、それ以上の存在感、成長を感じたようで、再びあるかどうかわからない名古屋で一緒に観ることができて本当に良かったと思っています。

ただただ多部ちゃんに感謝ですw



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1864-25c5996e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫