“ お疲れさま 多部ちゃん! ”

 2014-06-04
今日は、『わたしを離さないで』の大楽を観に、大阪へ行ってきました。

さとしさんから、6月3日のチケットが余っているのでどうですかというお話をいただき、仕事が休めそうなので行くことにしました。


ホントにありがとうございました。

また多部ちゃんのすばらしい芝居と、大楽ならではのカテコ、喜びの中の涙を観ることができました。


これで結局6回観たわけですが、名古屋があったので、当初の予定以上になりました。

でも、観れば観るほど、深くハマっていく舞台は何度観てもすばらしいものでした。


ただ今日の劇場は、さいたまや名古屋に比べると舞台の奥行きがないので、ダイナミックなセットの活かし方や照明効果がイマイチだったのが残念でした。

でも芝居用の小屋なんで、声が聴き取りやすかったのと、前のほうから客席に傾斜がつけてあるので、観やすかったです。


蜷川さんの舞台の主演を見事にやり遂げた多部ちゃんは、ワザや実績といった有形の評価以上に内面に感じた手ごたえと自信が大きな財産として蓄積されたと思います。

眩しいくらいに輝く多部ちゃんが、どちらかというと苦手だと思えるミュージカルで、さらに大きな華を咲かせるのが待ち遠しいですねw


そして今日はうれしいことが他にも二つありました。


ひとつは、数日前に多部ちゃんが食べにいったという『白雲台』という焼肉屋さんでお昼を食べたことです。

多部ちゃんはグランフロントの店のほうに行ったと思いますが、私は鶴橋店で、開店と同時に入りました。


やっぱり人気店らしく、11時半の開店と同時に待っていた客でイッパイになりました。

焼肉はボリュームがあって、グッドでした。


もうひとつは、40代と60代の両おかんさんとお会いして、お茶したことです。

さいたまではじめて会った60代さんと、『サロメ』とさいたまでニアミスして、やっと会えた40代さんですからうれしかったです。


お土産やプレゼントを交換して、話も弾んで、多部ちゃんの導きでの出会いに感謝しながら帰ってきました。


多部ちゃん、本当にお疲れさまでした。



追記:名古屋では蜷川さんは出てみえませんでした。



スポンサーサイト
タグ :
コメント
いえ、こちらこそありがとうございました。ひとつでも空席が減ればカテコの際多部ちゃんたち出演者からの見映えも変わるというもの。埋まってよかったです。

yamarineさんとは開演前のわずかな時間しかお話しできませんでしたが機会があればまたお話しさせてください。
【2014/06/04 02:29】 | さとし #- | [edit]
>ひとつでも空席が減ればカテコの際多部ちゃんたち出演者からの見映え

なるほど、さすがの気配りですね。

>機会があればまたお話しさせてください

次は『キレイ』ですね。
こちらこそよろしくお願いします。
【2014/06/04 20:46】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1873-a75a21bc

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫