〝 僕の多部ちゃん遍歴 12 ”

 2014-07-16
『ヤンキー魂』を観てしまうと、もう観てない多部ちゃんの作品は少なくなってきました。

なので、次は廃盤で高いのですが、ヤフオクで中古の『ゴーヤーちゃんぷるー』をついに買うことにしました。


写真で見たイメージや漠然と知ってるストーリーは、地味で暗そうで、あまり積極的に観たいなとは思っていなかったのですが、これが何回も観てみるとジワジワと心に沁みるいい作品なのですね。

よくある話ではあるのですが、期待していなかった分、結構感動しました。


なんと言ってもこの作品のキモは、鈴木ひろみを演じた多部ちゃんの静と動の演技でしょうね。

家庭環境や学校でのイジメによって、心を傷つけられたひろみをこれ以上ないというぐらい暗い表情で演じているのが、本当に痛々しいです。


これは、多部ちゃんがはじめて家から離れて南の島で長期ロケをした寂しさ、辛さも相まっているのかもしれないと思うと、一層思い入れが深くなります。

ひろみに微笑みが訪れるのは、終盤の母親と和解してからですから、いかに堪える演技をし続けていたかと思うと、女優になって間もない多部ちゃんの心情が察せられます。


まさに、その演技によってこの作品は支えられていると思います。

特典映像で、監督がモニターでチェックすることなくOKを出していたのが新鮮でしたが、ベテランの俳優ならまだしも、映画出演3作目の多部ちゃんに対する信頼がうかがえました。


静的な辛い演技があるから、対照的に印象深いのが、走る演技です。

走る、走る、この作品における多部走りは、本当にスペシャルですね。


まさに全力疾走と言えますし、多部ちゃんの演技に対する全力の取り組み姿勢があらわれていてすばらしいです。


他には、風吹ジュンさんとの共演もうれしいですし、大城美佐子さんや北村和夫さんと共演したことも貴重な経験だったと思います。


『HINOKIO』、『青空のゆくえ』の後だと思いますが、その後の『夜ピク』や『すみれ』、『対岸』という多部ちゃん独特の持ち味への萌芽が見られる重要な作品ですね。



タグ :
コメント
>次は廃盤で高いのですが、ヤフオクで中古の『ゴーヤーちゃんぷるー』をついに買うことにしました。

私も同様です。この作品に対する情報は決して多くはありませんでした。でも、「観たい」気持ちの方が勝っていたので買いました。

この映画のテーマは「ひとと関わること」だと思います。

当初、ひろみは、"Communication Breakdown"の状態にありました。
学校での孤立、家族(祖父と祖母)との断絶、やり場のない閉塞感を紛らわしてくれるものは、ネット上の引き蘢り掲示板だけでした。そこで知り合ったケンムンが、そして、家を飛び出した母、喜美子が住む西表島に家出をします。

そこで知り合った、吉田サヨはひろみに干渉せずに招き入れてくれました。サヨの家で厄介になりながら、稲江さんと、また里子として喜美子の許に預けられた姉妹との交流を通じて、次第に生の人間とのコミュニケーションを取り戻していきます。

そして、コミュニケーションの道具として「走る」ことが提示されます。

そして、ケンムンとも生で話ができ、やっと生きている実感を取り戻していきます。

この映画がマイナー感があるのは、全編を通じて覆っている「暗さ」ではないでしょうか?
最初は暗くて当然なのですが、開放的な筈の西表島に行ってからもなんか「暗い」のです。
ストーリーは「暗」から「明」に、短調から長調に転じる構図なのに、画面がなんか暗いままなのです。

でも、だからこそ「ひっそり」とした映画として、多部ファンにとって「宝物感」の強い作品になったのではないでしょうか。

多部ちゃんにとって陰のある演技は十八番です。そして、明るくはないけど普通の少女に成長します。
私も時々この映画を観て、多部ちゃんの醸し出す空気を感じています。

ところで、この映画の企画は森田健作ですよね。これは最初あまり食指が動かなかった原因の一つです。
でも、一度観て、全然気にならなくなりました。

『夜ピク』、『対岸』、『すみれ』などの名作の森に入る前にこの映画を撮ってくれていて嬉しいです。
「女優多部未華子」ブレーク直前の変化点だと思います。



【2014/07/17 23:04】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
>この映画のテーマは「ひとと関わること」だと思います

なるほど、そうですね。

>コミュニケーションの道具として「走る」ことが提示されます

確かに。

>短調から長調に転じる構図なのに、画面がなんか暗いままなのです

ひろみの心が晴れないですからね。

>多部ファンにとって「宝物感」の強い作品

そういう言い方ですと、やっぱり『ルート』をあげたくなりますねw

>最初あまり食指が動かなかった原因の一つです

同じくですねw

>名作の森に入る前にこの映画を撮ってくれていて嬉しいです

確かにこの時期しか、撮るチャンスがなかった作品ですね。

【2014/07/18 22:15】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1903-1bc03cb8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫