“ 心地よい響き ”

 2014-07-20
WOWOWでやった『ムスリム女子サッカー 世界への挑戦!』は、なかなか面白かったです。

内容も興味深いですし、なによりも多部ちゃんのナレーションが心地よかったですね。


テーマの違いもありますが、いままでのナレーションよりも、ややテンションを上げた高いトーンの話し方が新鮮でした。

ヨルダンの女子サッカー選手の一生懸命な想いがよく伝わってきました。


サッカーというヨーロッパ的なスポーツと、イスラム教を信仰する国の、しかも女子という話に意外性がありました。

イスラムに厳格な国では、サッカーを観ることすらできない女性が、プレーしてW杯を目指そうというのですからね。


しかも、国内では練習する相手がいないくて、男子と練習試合をするって、ビックリしました。


信仰の厚い選手はヒジャブをかぶったままプレーをし、かぶってない選手もサッカーをやめたらかぶりたいと言いますし、そういう信仰心というのは、今の日本人には理解しずらいものですね。

でも、心の内に秘める譲れない信念を持ってるというのは、大切なことだと思います。


もちろん、普通の女の子の一面も持ってるわけですが、何とかして勝ちたいと懸命にプレーする姿とアッラーを信じるハートが共存するギャップがステキでした。


イスラム教国の中でも比較的自由なヨルダンと、一方で戒律が厳しいイラン、アラブ首長国連邦などの女性について、すこしでも触れたのは、多部ちゃんにとってもいろいろと考えるキッカケになるいい仕事だったと思います。

もし機会があったら、アラブの国にも行くといいなって思います。



さて、いよいよ明日海の日、21日午後2時55分から4時20分、久しぶりに多部ちゃんに会えます。

日テレ系の『僕らがもっと豊かになるために』を見逃さないようにしましょうw



タグ :
コメント
>内容も興味深いですし、なによりも多部ちゃんのナレーションが心地よかったですね。

はい、面白かったです。多部ちゃんのナレーションも『夜ピク』のメイキングから随分達者になられて、目立ち過ぎる事も無く、かといって拙くもなく番組の面白さに入り込めたと思います。

しかし、ムスリムの国で女子がサッカーをするなんて大変そうですね。なんといってもムスリムを尊重しながらサッカーをやりたいというのは、日本人にとっては理解し難いことのように思います。

日本文化は、旧来の固有の文化の上にグローバリズムを乗っけた奇妙な文化ですから、ムスリムが女性の権利を脅かす存在と誤解しやすいのではないのでしょうか。信仰そのものが文化の基調にあるムスリム国を理解することは難しいことかも知れません。

>もちろん、普通の女の子の一面も持ってるわけですが、何とかして勝ちたいと懸命にプレーする姿とアッラーを信じるハートが共存するギャップがステキでした。

その通りだと思います。しかし、ムスリムの国も世俗的な国とそうでない国があり、正直どんな国家のあり方がムスリムの人に求められているのか、私には分りません。西欧グローバリズムに呑まれていくのが正しいとはとても思えない。

今、パレスチナでは多くの血が流されています。だれがどのように正しいのか判らなくなります。アメリカの影響力も無視できません。かといって無闇に「反米」を唱えるのも危険です。昔、日本赤軍がテルアビブで起こした事件などは「反米」、「反帝国主義」の行き着く先を誤ったのでしょうか。

また、米露関係や中国を取り巻く関係など、国際社会は多くの問題を抱えています。果たして、人類の幸福な未来はやってくるのでしょうか?

>日テレ系の『僕らがもっと豊かになるために』を見逃さないようにしましょうw

楽しみです。でも、こちらも重いテーマですね。

【2014/07/20 23:51】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
>ムスリムを尊重しながらサッカーをやりたいというのは、日本人にとっては理解し難いことのように思います

そうですね。そのへんが決定的な違いでしょうね。

>信仰そのものが文化の基調にあるムスリム国を理解することは難しいことかも知れません

宗教は人間にはついて回るし、諸刃の剣でもありますが、日本のように形式がかって、上っ面だけなのは異常だと思います。

>西欧グローバリズムに呑まれていくのが正しいとはとても思えない

それはそうですね。
狭い地球の中でも、多種多様な人々、国が存在するわけで、それぞれが互いの文化や宗教を尊重しあって行動しなくちゃいけないですね。

>人類の幸福な未来はやってくるのでしょうか

私は悲観論者ですので、ジョンが夢見たような世界はやってこないだろうと思っています。
【2014/07/21 19:29】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1905-219df5e6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫