〝 異色の同席者 ”

 2014-10-07
10月3日に、松尾スズキさんの結婚披露宴が行われたようです。

それに招待された方が、同じテーブルにキョンキョンと多部ちゃんがいて、ただただ嬉しかったとつぶやいていました。


誰なのかなと思っていたら、どうやら劇作家で作家の宮沢章夫さんのようです。

宮沢さんと言えば、Eテレで日本のサブカルチャー史の講師をしたり、確か先日のモンティ・パイソン復活公演解説のゲストにもいたような異色の文化人ですね。


だから松尾さんに招待され、彼のことをクン呼びしているのもわかります。

宮沢さんが57歳、松尾さんが51歳ですからね。


それと多部ちゃんがキョンキョンとともに招待されたのもスゴイと思います。

松尾さんとは、仕事の上で相思相愛というのが、よくわかりますね。


他には、おそらく大人計画の濃い面々も集結していたのでしょう。

さぞかし、ハチャメチャな披露宴ではなかったかと想像されます。


多部ちゃんは、『農業少女』、『ふくすけ』に続く、松尾さん演出の舞台、それもデッカイ作品の主演がひかえていますから、まわりの多部ちゃんへの期待も高まる一方ではないでしょうか。

歌うことへの不安はあると思いますが、その辺を大先輩のキョンキョンと話をしたのでしょうか。


今を時めくキョンキョンは、私はアイドル全盛の頃から今まで特に思い入れはないのですが、歌手から本格的な女優になった才能はスゴイなと思います。

さまざまな人生経験を経ての今ですから、話をすると奥深いものがあるのではないでしょうか。


でも、二人とも基本オシャベリではないと思いますから、案外静かだったのかもしれないですね。

片や華やかなスポットライトを浴びてきた方、一方は地道に歩いて来て、今や眩しいメジャーシーンの中で戸惑いがちな多部ちゃんですから、やっぱり異色の組み合わせだと思います。


そんな出会いが多部ちゃんにさらなるモチベーションをもたらしてくれることを期待していますw



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1950-abc86a2e

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫