〝 青春時代のアイドル ”

 2014-11-19
私の学生時代は学生運動の盛りで、4年生の時に東大闘争の終焉で下火になるまで、駿河台にあった大学は毎年冬場はバリケードで封鎖され、私も三派全学連のデモに、上京した高校時代の友人などと一緒に参加していました。

いま思えばハヤリみたいなものですが、当時は仲間と熱く語ったり、ケンカをしたり絶交したり青い議論を闘わす日々でした。


そんな時期に、仲間と映画に行くというと、今は亡き池袋文芸坐のオールナイトでした。

そして、観るのは、もちろん健さんです。


少し後に始まった寅さんも初期の作品は好きでしたが、やはり私の青春時代のアイドルは健さんでした。


女性では誰って思い浮かびません。

吉永さんは好きではなかったですし、はすっぱな秋吉さんが出てきて、ちょっと興味を持ったぐらいです。


網走番外地全作品の一挙上映は何度も観にいきました。

映画を観ながら、他の観客と一緒に主題歌を大きな声で歌いました。


昭和残侠伝、日本侠客伝、緋牡丹博徒など気に入った作品は何回も観ました。

劇場ではクライマックスになると掛け声や拍手で大変盛り上がりました。


健さんのストイックで寡黙だけど、義理人情にあつく、一本気なところに痺れましたね。

映画の中の姿ではありますが、そういう姿があそこまで画になる役者はいませんでした。


任侠映画を卒業した健さんの作品は、特に有名なの以外は観てませんし、あまり入れ込んだことはありません。

すばらしい役者ですが、いい人になっちゃいましたからね。


まあ、年相応ということでしょうがないのでしょうが、少しガッカリしたのも事実です。

もちろん類を見ない孤高の役者でしたから好きではありましたが、亡くなってその大きさを知る思いです。


健さん、ありがとうございました。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/1968-6494e87b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫