“ 2紙でピックアップ! ”

 2015-02-06
『深夜食堂』が今日の夕刊2紙で取り上げられていました。

朝日と日経です。


朝日は金曜日にピックアップされる2作品のうちの邦画代表として、映画評論家の佐藤忠男さんが好意的な評価をしています。

結構大きなスペースを取ってる記事なんで、これを読んだ人で来週観にいく人が増えるといいですね。


初動がよかったこともあったからか、名古屋では明日から上映回数が増えます。

うれしい限りですが、佐藤さんの記事で共演者の名前が田中さんとオダギリさんしかあげてないのが気にくわないですw


佐藤さんともあろう方が、何を見てるんだろうって思ってしまいました。


日経の映画評は、文章と☆の数で評価をしています。

ピックアップされた邦画は3作品です。


ドラマからの派生で地味な作品ですから、取り上げられるだけでもリッパだと思いますが、なんと☆三ついただきました。

☆三つは、「見応えあり」です。

Deepさんと同じですw


邦画のほかの作品は両方とも、☆二つ(それなりに楽しめる)でした。

その作品とは、オーケストラと古い洋装店の話です。


まあこういう評価は評者によって違いはでると思いますが、私が一定の信頼を置いてるのは、『君に届け』に☆四つ(見逃せない)を付けたからです。

邦画で、四つ付くの少ないですね。


ちなみに、最高の☆五つは「今年有数の傑作」で、極めてレアです。

シビアな評価基準が設けられているに違いないと思います。


キネ旬では3人の評者が☆二つ、三つ、四つと分かれていましたが、『深夜食堂』は観る人の心に響く良質な作品だという評価は定まったのではないでしょうか。


そんな中、メインエピソードを担った多部ちゃんの評価は上がる一方だと思います。



スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/2003-970172a8

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫