〝 PICT-UP ”

 2015-08-18

久しぶりに多部ちゃん関連の雑誌を買いましたw

最近はもっぱら立ち読みか、スル―をしていますが、やっぱりこの雑誌だけは視点が違うので、非常に興味深いです。


内容は、『ピース』の内容というより、女優多部未華子がこの10年で変わったところや変わらないところについて、インタビュアが突っ込んでいます。

多部ちゃんも面識のあるインタビュアが相手ですから、本音トーク、のように見えますw


詳しくは、読んでいただくのがいいと思いますが、気になったところをいくつかピックアップします。


梅宮志乃と自分のどのあたり似ているのかと聞かれて、

「恋愛下手なところですかね(笑)」

と答え、その答えを面白がっていないですかね、と言われ、

「本当に、本音トークです(笑)」


こういった会話のやり取りで、(多部ちゃんが)タフになった思いますと言われ、

「前からタフです(笑)」


以前はナイーブな印象があったのが、20代に入ってから徐々に、何かを吹っ切っている感じがします。

「それはあります。もちろん吹っ切ってないところもありますけど」


イメージもとらえどころがなくなりましたよね?に対し、

「作品ごとにジャンル、キャラクターは違いますが、やはり根本は清純派みたいなイメージがまだあると思います」

「だから『ピース』はイメージにないと言われることが多いんだと思います。特定のイメージがあるということは役者にとってはよくないことだと思っています」

「自分の新たな面を見せたいから、お引き受けしたわけではなく、この役がすごく共感できると思ったので、演じてみたかっただけなんです」


女優業に関しては、もう仕事だと言い切れるようになりましたか?

「はい」

一生の?

「そこはわからないです」


映画の本数は減りましたが、映画はいいなと思いましたか?

「思わなくなりました。10代の頃は、映画が多かったので、ドラマをなんとなく受け入れられなかったんです」

「いまはそれぞれの良さがあると思いますので、特に映画をやりたいという気持ちはなくなりました」

「ただ、演劇はやりたいです(笑)」


などなど、久しぶりの多部ちゃんらしいトークですが、他にも興味深いやり取りがあります。


写真も素晴らしいです!!




スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/2085-9cd6cd43

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫