“ 藤野千夜さん ”

 2015-12-21
『ツインズ』が期待外れで気分が盛り上がらないのと、歳暮で仕事も忙しく、他のブログは書けても、“カンパイ!”は長く未更新で毎日覗いてくれる方に申し訳ない気持ちです。

でも、多部ちゃんの演技は相変わらずすばらしいですから、それだけでも観る価値はあると思います。


今日は朝日の書評欄に載っていた作家、藤野千夜さんに触発されて書きたくなりました。

多部ちゃんファンなら藤野さんはわかりますよね。


多部ちゃんの小説映像化作品の中でも、恩田陸さんの『夜のピクニック』、角田光代さんの『対岸の彼女』と並んで印象に残る作品『ルート225』の原作者です。

私はこの三つの作品はリアルタイムではなく、『やまたろ』で多部ちゃんを知ってから観ています。


そして、私の好きな順は、『ルート』、『対岸』、『夜ピク』です。


『ルート』(2006年)の田中エリ子役の多部ちゃんは、中村義洋監督をして天才と言わしめた、演技とも素とも判断しがたいようなノビノビとした魅力を発散しています。

天才という表現は、図らずも現在『ツインズ』で共演しているりょうさんも多部ちゃんについてインタビューで語っていますw


いずれにしても、現在の多部ちゃんに繋がる見事な演技は何回観ても飽きることがないです。


で、今回この記事を書こうと思ったキッカケは、「D菩薩峠漫研夏合宿」という作品で、初めて自伝的小説を書いたという内容についてです。

藤野さんは性同一障害で幼いころから悩んでいたそうで、小説家になってからも、出身校は男子校の麻布学園だとは明かさず、フェリス女学院だと言い張っていたそうです。


それを読んで、『ルート』の解釈に新たな側面があるのかなって思ったからです。

少女から大人の女性への脱皮というような解釈が一般的だと思いますが、パラレルワールドの着想は周りとは違う性的な悩みを抱えていることもあったのかなと思いました。


今までも一番たくさんの回数観てる作品ですが、そんな解釈も含め奔放なエリ子をまた観てみたいと思います。





タグ :
コメント
yamarineさん、こんにちは。

またまたまたご無沙汰しています。
今回のyamarineさんのツインズ評を読み、
私も何故か今回の舞台に関して思う事がありました。
私は12日の夜に参戦致しました。
席は13列目のど真ん中、視線を動かさずとも全ての動きが鑑賞出来る席でしたw

相変わらず滑舌は良いし、声が良く通り、私的には非常に聴きやすく、多部ちゃんはいつも通りの安定した演技で、やっぱり彼女は彼女、間違いないと私も再確認させられましたが、多部ちゃん以外の場面では所々、何度か眠りに落ちる私が‥‥汗

私はこの舞台単純に、私には難しいと感じちゃいました。
今度の日曜日に、2回目の観劇に行きますが、私自身楽しめるかどうか不安になっています。

次回を観て、自分なりに昇華出来るといいのですが、しかしそこは我らが多部未華子。きっとその不安以上に素晴らしい演技を魅せてくれる事でしょう。
私にはとって今年最後の生多部ちゃん。

楽しんで来ます。

追伸。劇場のエレベーターを降りたった時、初めてyamarineさんにお会いしたのは、ここだったなぁと思い出し懐かしくなりましたw

【2015/12/23 09:09】 | ももちゃ #LR3YxYkY | [edit]
>『やまたろ』で多部ちゃんを知ってから観ています。

私は『夜ピク』がレンタルで新作だった時に観て、その後『ルート225』、『対岸の彼女』の順に観ました。

好きな順は『夜ピク』、『ルート』、『対岸』ですね。

『対岸』は原作を読んでないんですよ。映像の印象が強すぎて。

>中村義洋監督をして天才と言わしめた、演技とも素とも判断しがたいようなノビノビとした魅力を発散

全くですね。多部ちゃんが15歳から17歳位でしょうか。今売り出し中の16歳に比べて堂々としてますね。

>藤野さんは性同一障害で幼いころから悩んでいたそうで、

私も最初てっきり女性だと思ってました。

同一性の乖離というもっと大きなテーマがあるのかも知れませんね。


【2015/12/23 19:31】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
こんばんは

>やっぱり彼女は彼女、間違いないと私も再確認させられましたが

まったくその通りですね。
多部ちゃんがバランサーとして、いい仕事をしていますね。

>私には難しいと感じちゃいました

いや、多くの方にとって難しいと思います。
まだ上演が続きますから、あまり否定的なことは言わないようにしていますが、語る気にもなりません。

>初めてyamarineさんにお会いしたのは

Deepさんとも話してました。
朗読劇『ラブレターズ』のときですね。
あの時の多部ちゃんは凜として、眩しいばかりに輝いてましたねw
【2015/12/23 22:52】 | yamarine #- | [edit]
>好きな順は『夜ピク』、『ルート』、『対岸』ですね

やっぱり人によって、好みは変わりますねw

>『対岸』は原作を読んでないんですよ

なかなかいいですよ。

>同一性の乖離というもっと大きなテーマ

そうですね。
それも含めて、考えるきっかけになればいいですね。
【2015/12/23 23:03】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/2109-20d3727b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫