燦然と輝く歌姫多部ちゃん―『あやしい彼女』試写会

 2016-03-14
Deep Purplinです。3月11日の試写会に行ってきました。

笑いあり涙あり、そして何よりも「天性の歌声」の多部ちゃんのマジでハンパない歌が満載の爽快なエンタテイメント作品でした。

基本的に韓国版を踏襲しているので、韓国版を観たことがあれば話の展開は特に驚くことやハラハラすることもないですが、20歳の多部ちゃんが73歳の地を丸出しで喋るギャップが、この映画の可笑しみの重要な要素なので、十二分に楽しめます。普通の設定の作品では、こういう話し方はしないわけですから、とても新鮮でした。

何を話すのかがわかっている落語を繰り返し聴いても笑えるのは言い回しや声の調子によるところが大きいわけで、多部ちゃんのコメディ演技もそうしたセンスが飛び抜けていますから、何度観ても楽しめる作品になっていると思います。

ただ多部ちゃんの演技は全編、中身が73歳なので、ケレン味の演技ばかりと感じる方もいらっしゃるかもしれませんし、まんま踏襲したリメイクという作品性に引っかかる方もいらっしゃるかもしれません。

多部ちゃん教信者の私としては、教祖様がどの作品でも「楽しんでいただけたら」と言うのですから、楽しめる部分で目いっぱい楽しむというのがスタンスです。そうであるからこそ多部ちゃんの出番が多いほど必然的に満足度は高いわけで、基本的に多部ちゃん中心のこの映画は大大大満足でした。

懸念されていた歌の方は、まさに「天性の歌声」でした。私は多部ちゃんの役者としての声に完璧にノックアウトされていますから、もともと多部ちゃんの歌声も心地良く聴いていましたが、これまでの作品では、自信をもって歌い切っていないところがあり、曲に歌わされているように感じていました。

今回は、役のうえで「歌は聴く人の気持ちを震わせなければならないんだ」といった具合の台詞があるぐらいですから、本人の「さまよいながら歌っていましたけど...本編では堂々と歌っております」の言葉どおり、曲を完全に自分のものにして心震わせる歌を聴く者に届けています。

特に自分にとっては、歌がうまいとわかっている人ではなく、あの多部ちゃんがこれだけしっかりと歌えているということで余計に感動を呼んだように思います。

劇中で映画のテーマ曲も歌うのですが、「あれっ、この歌、多部ちゃんじゃなかったはずだけど...気づかずにいた?」と焦ってしまうほどの出来でした。

試写会の会場だった一ツ橋ホールはあまりスクリーンが大きくなく、前の席の人の頭も邪魔だったので、大きなスクリーンで観るのが今から楽しみです。






以下、ネタバレ的要素がありますので、ご注意ください。






中ほどの歌謡ショーの生放送のシーンの『悲しくてやりきれない』は本当に圧巻で、歌に合わせてセピア色で流れる回想シーンと多部ちゃんの心をつかむ歌がシンクロし、歌が進むにつれ、多部ちゃんの目に浮かんだ涙が、頬を伝わりだし、ついにはとめどなく涙を流し続けながら哀感たっぷりに歌いあげるという演出で、こちらもハンカチを取り出し涙ボロボロでした。ここで作品が終わってもおかしくないぐらいにもっていかれました。(隣のおじさんもボロボロ泣いてました。)

これだけの山場をつくってしまって、あとの流れも韓国版でだいたいわかっているので、尻すぼみに感じてしまうんじゃないかとちょっと危惧したのですが、後半もしっかり楽しめました。

このあたりは韓国版より登場人物を少なくしてシンプルにしたこと、特に韓国版では息子だったのを小林さんの娘に変えたことが効いていると思いました。

特に韓国版よりも多部ちゃんの歌うシーンの盛り上がりとサプライズで、エンドロールを終えたときのカタルシスと爽快感は完全に多部版に軍配が上がります。

それと多部ちゃんが出てくるまでは、よくありそうな展開の上に、ワクワクするような明るい話でないとはいえテンポが悪く、凡庸以下な感じを漂わせるのですが、恐らくこれは意図的なもので、多部ちゃんにスイッチしてからはテンポアップし、いっぺんに雰囲気が明るくなって世界が変わったかのようになり、そこからはジェットコースターです。

最初の方で多部ちゃんが役とは関係のないナレーション(韓国版の冒頭のナレーションにあたるもの)をするのですが、これが驚くほど硬くて棒読み調で、あれれれれっと思ったのですが、あとから考えてみると、そういう意図的な演出でもない限り、あんな読み方はしないだろうと思いました。

こうなったらもう多部ちゃんの歌の入ったサントラを是非出してほしいですね。

タグ :
コメント
ブログジャック、ありがとうございます!!

何回も読み直しました。
期待が高まる一方ですw

先日韓国版を見直したのですが、あの役、演技を多部ちゃんで想像していたら、絶対に凄い作品になるに違いないと確信しました。

Deepさんの記事を読んで、さらにハードルが上がりましたが、もう間違いないですねw

それにしても歌姫多部ちゃんを想像するだけでゾクゾクしてきます。

いくつか試写会に応募していますが、まだいつオオドリーに会えるのかわかりませんw
【2016/03/14 13:01】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/2123-2fd3c962

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫