〝 紫色の雨が降る! ”

 2016-04-22
私のリスペクトする、大好きなミュージシャン、プリンスが亡くなりました。

享年わずか57歳でした。


最近は私と同じぐらいかそれ以上の年齢のミュージシャンが亡くなるのは日常茶飯事になってきましたが、プリンスはまだ60歳にもなっていないですから驚きました。

アルバムもコンスタントに発表していて、昨年も新しいアルバムを買い、楽しんでました。


現在もライブ中だったということですから、ミュージシャン冥利と言えばそうなんですが、喪失感は大きいですね。


私はどうしても書きたいという衝動が起きなければ追悼記事は書かないのですが、最近ではデイヴィッド・ボウイに続く大きな悲しみです。

ブラック系では、知った時にはすでにいなかったサム・クック、聴き始めて数年で亡くなってしまったオーティス・レディング、絶好調の時に亡くなったマーヴィン・ゲイの3人がスペシャルな過去のミュージシャンでしたが、私よりも11歳も若いプリンスがそこに加わるとは思ってもいませんでした。


他にも逝去したビッグなブラックミュージシャンはいますが、私の心に触れた貴重なアーティストでした。


ライブは1回しか行けませんでしたが、今でもその時の興奮が蘇る最高のパフォーマンスで、刺激とカリスマ性に満ちていました。

守りに入らず絶えず新たな音楽への挑戦を続ける姿勢が世界にアピールしたのではないかと思います。


その容姿やカッコウ、セクシーなアプローチで、異端の存在とも見られがちでしたが、アルバムを出すたびに評価を高めていったのは、その高い音楽性ゆえだと思います。

ヒット曲としては、なんと言っても「パープル・レイン」が有名ですが、他にもいい曲がたくさんあります。


いまアメリカのプリンスに関係する施設などは紫一色に染まっているそうです。

日本ではそこまでではないですが、私もパープルカラーを身に付けたいと思います。


十数枚のアルバムを持っていますが、シングルを聴くというよりアルバム単位で聴くミュージシャンですから、好きなアルバム名と代表曲「パープル・レイン」を添付して、哀悼の意を表したいと思います。



≪ファイバリット・プリンス・アルバム≫

Sign "☮" The Times(1987年)

Around the World in a Day(1985年)

Lovesexy(1988年)

Musicology(2004年)

Purple Rain (1984年)

 
※ Purple Rain



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/2134-588ed555

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫