〝 祝 恩田陸さん!! ”

 2017-01-20
ついに恩田陸さんが直木賞を受賞しました。

6回目のノミネートだそうです。

本当におめでとうございます!!


恩田さんは多部ちゃんの初期の代表作『夜のピクニック』の作者であり、多部ちゃんの唯一の写真集に短編小説を寄稿された多部ちゃんにとって縁の深い作家です。

ですからノミネートのたびに私も一喜一憂していました。


受賞した作品は『蜜蜂と遠雷』というピアノコンクールの一部始終を書いた大作のようで、受賞の前から絶賛されていました。

私もぜひ読んでみたいと思います。


私は連ドラ『やまたろ』で多部ちゃんに出会いましたから『夜ピク』を観たのは後からですが、若い多部ちゃんの瑞々しい姿と端正な演技が印象に残るすばらしい作品です。


連ドラデビュー前の多部ちゃんの作品は、芥川賞作家・藤野千夜さんの『ルート225』、角田光代さんの直木賞作品『対岸の彼女』と並んで恩田さんの『夜ピク』の3作が燦然と輝いています。

この3作品の多部ちゃんは全く異質ですが、強い存在感を発していて、彼女の演技が天性のものであるとともに人には見せない努力に培われてることがわかると思います。


この3作品に『ヒノキオ』を加えた4作品は永遠にリピートしたくなる宝物です。


『夜ピク』は約10年前の多部ちゃんですから今とは当然違いますが、根っこにあるピュアで清楚でちょっと気が強いところはほとんど変わりがありません。


『やまたろ』以降、数多くのドラマや映画や舞台がありますが、初期4作品のインパクトはいつまでも輝いています!!







スポンサーサイト
タグ :
コメント
恩田さんの受賞は、本当に嬉しいです。
『夜のピクニック』は、小説も映画も、私にはツボでしたので(一部を除いては)

受賞作は、これからもずっと名作として語り継がれるであろう作品だと思います。
今日の新聞、恩田さんの写真がデカデカと出てました。
今後益々のご活躍を期待するものです。

【2017/01/20 21:16】 | gonbe5515 #- | [edit]
やっと直木賞を獲られましたね。

『夜のピクニック』がなければ今の私はいないので、喜ばしい限りです。

>この3作品の多部ちゃんは全く異質ですが、強い存在感を発していて、彼女の演技が天性のものであるとともに人には見せない努力に培われてることがわかると思います。

その通りだと思います。眼の光、身のこなしが他の女優さんとは違っています。
全然違うキャラクターを見事に演じ別けています。

>この3作品に『ヒノキオ』を加えた4作品は永遠にリピートしたくなる宝物です。

ですね。これらの初期作品はこれ以降の作品とは一線を画します。
多部ちゃんのピュアな部分が前面に出ています。
作為のない演技が光ります。

私は、『青空のゆくえ』も加えたいと思います。出番は少ないですが演技が秀逸です。

>『夜ピク』は約10年前の多部ちゃんですから今とは当然違いますが、根っこにあるピュアで清楚でちょっと気が強いところはほとんど変わりがありません。

根っこが表面に現れているのですね。

 ***

受賞作は、映画化したら面白そうですね。ちょっと長いかな。



【2017/01/20 23:04】 | marrella #QA3T5Quk | [edit]
>私にはツボでしたので(一部を除いては)

ああそうですね。
でも多部ちゃんに集中して観てるとあのシーンもそう気にならなくなりますw
【2017/01/21 11:39】 | yamarine #- | [edit]
>やっと直木賞を獲られましたね

折れないでクオリティの高い作品を書き続けるのはスゴイと思います。

>『青空のゆくえ』も加えたいと思います

私もちょっと迷いましたw
出番の少なさがかえって輝きを放っていますね。

>根っこが表面に現れているのですね

根っこが太くて深いからいつまでも変わらないのですね。
【2017/01/21 11:57】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/2163-57c6ea1d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫