“ 一貫してる多部ちゃん ”

 2011-08-19
また雑誌のインタビューの話題です。


「彼女に一貫して共通してることは、与えられた役の内面を視聴者に伝えること。

『私自身をどう見せようというのは普段からあまり考えてなくて、打ち上げに向って頑張っていくのがとても楽しいんです。』

この雰囲気に癒される読者・視聴者も多いはず。今回も美咲の存在がハードな劇中において一つの清涼剤的役割を果たし、物語に幅を持たせてる。

まさに打って付け。この作品に女優・多部未華子は必要不可欠だ。」


という内容で、記者が多部ちゃんを良く理解している記事ですね。


そうです。与えられた役の内面をちゃんと伝えること、それが役者に課せられた大切な役割ですが、なかなかきちっと出来る人はいないですからね。

それを、多部ちゃんは若い時から、一歩一歩着実にやってきたと思います。


そして、それが業界関係者はもちろんのこと、いろいろと色眼鏡で見る一般の視聴者にも高く評価をされてきたのだと思います。

基本、自分を良く見せようとか、建前で通そうとかしないで、ナチュラルなそのまんまを見せているから、一般の人の心に寄り添っていけるんですね。


先日も、中日新聞の「見てます聴いてます」という投書欄に、40代の女性から、『ジウ』を観てますということで、メイサちゃんはカッコいいけど、私のお目当ては多部ちゃんですという内容でした。

多部ちゃんの素直で、伸びやかやところが演技を通じても見えるので、それが大好きというような内容で、うれしかったですねw


女性の方にも、そこまで内面がアピールしているのだと思うと、もう鬼に金棒じゃないかと思いました。


そんな多部ちゃんの演技が楽しみな今夜です。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/792-58428dee

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫