“ 引きの演技 ”

 2011-08-20
『ジウ』第4話の多部ちゃんと東さんとの演技が新鮮でした。

ラブコメっぽい演技で、微妙なズレをうまく表現してましたが、何度も観てみたくなる繊細な演技でした。


こういうシチュエーションの演技は、そんなになかったですね。

『つばさ』も『君に届け』も同じ年代への想いだし、自分から積極的には動いてはいないですからね。


今回は、相手が上司で、かなり年上で、しかもバツイチの子持ちってことですから、結構複雑な想いを心に抱いているのだろうと思います。

だから、多部ちゃんは、難しいって言ったのでしょうね。


でも、そんなかすかな心のトキメキを、微妙な表情の変化で見事に表現してたのはさすがだと思います。


それは、北村さんの演技にリフレクトすることによって、自然と出てくるものも大きかったのでしょうね。

ベテランならではの巧みな演技を受け止め、さらっとかえすみたいな・・・、


多部ちゃんにとっては、こういう静かな引きの演技は、いままであまりなかったように思います。

割といままでは、グイッと押すような演技が多かったように思いますので、今回のキャッチボールは新鮮じゃないのかなって思います。


こうやって、毎回新たな多部ちゃんを観ることが出来るだけでも、『ジウ』は楽しめるドラマですね。


犯人探しも大切だけど、ラブコメも、もっと進展することを期待したいと思います(笑




タグ :
コメント
『ジウ』で初めて、繰り返し観たくなった回でした。多部ちゃんと北村さんだけじゃなく、メイサと城田くんの妙ちくりんなw掛け合いも面白かったから…

自分はつくづく、サスペンスとか泣かせる展開とかよりも、キャラクターどうしの掛け合いやぶつかり合いをドラマに求めてるんだなぁと自覚しました。

多部ちゃんの北村さんとの距離のとり方は、やっぱり歳の離れた相手ならではのもんだと思いますので、我々中年タベリストにとっては最高の、妄想と言いますかw、憩いのひとときですよね(笑)。北村さんが二枚目じゃない事も非常に効いてますw

だから繰り返し観たくなるのかな…?
【2011/08/21 17:29】 | かわたべ5678 #JEWgu.KM | [edit]
ホント、両方の掛け合いは、ちょっと引き込まれましたね。
あれで、このドラマの狙いがハッキリ読めましたw

私もああいうの、好きですね。

確かに、二枚目じゃないところが現実味があって、って、そりゃ多部ちゃんに悪いか(笑
おっしゃるとおり妄想できますねw
【2011/08/22 00:00】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/794-dd0b4c1f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫