“ シンフォニーかポップスか ”

 2011-08-26
今期のドラマでは、『ジウ』と『それでも、生きていく』が純然たる続き物ですね。

その両方が視聴率的には苦戦気味です。


他の作品も、どっこいどっこいの勝負なんで、ドラマ全般の危機というような言われかたもしています。

最近のドラマは概ね1話ごとに話が片付いていくのが多いですから、視聴者もそういう見方に慣れていて、1話観終わって、何となく中途半端だと満足感、区切り感がなく、すっきりしないという傾向があると思います。


ただ、そうなると1話1エピソードということで、逆に物語の描き方に深みがでないということもあります。

そういう中でも、『デカワンコ』のように視点を変えて、見事な1話完結ドラマを作ることも可能ではありますが・・・、


音楽で例えてみると、

1話完結で作っていくのは、ポップス的

続きで作っていくのは、シンフォニー的


なんて、無理やり考えてみましたw


ポップスは、1枚のアルバムに様々な曲が入っていて、アップテンポもあればバラッドもある。

聴く人の好みで、好きな曲を選択することができますね。


一方、シンフォニーはいくつかの楽章に分かれていて、なだらかな楽章もあれば、激しい楽章もある、途中眠くなるような退屈なメロディでも、トータルとして意図的で整合性を持って奏でられる。

その序盤や途中をしっかり聴き込めた人が最後の楽章で、大きな感動を得ることにつながる。という側面があると思います。


まあ、そうやってガマンして聴いていても、最後まで行って、肩透かしだったということは、シンフォニーでもドラマでもあるのはしょうがないですが、でも、途中のプロセスをしっかり味わうということは大切なことです。


今は一般的には、最初から盛り上がって、面白くて、手短に終わって・・・、という安直なのを望む人が多いですから、その辺が傾向として現れているのはやむを得ないとは思います。


そういう点では、上にあげた二つの作品なんかは視聴率的には厳しいとは思いますが、後半に入って、すばらしい旋律を奏でて、こんな見事なエンディングなんだと、私たちを満足させてほしいなって願っています。


まだそんな期待を持ってる『ジウ』は、今夜第5話です。



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/800-3420e348

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫