“ カンゲキか? ”

 2011-09-09

昨日、多部ちゃんが『髑髏城の七人』を観に来ていたとツイットされていました。

東京では、9月5日からはじまった新感鮮の舞台ですね。


もう4回目の公演になるようですが、小栗さんを主要な役でむかえることが目玉のようです。

他の主なキャストが、主役で森山さん、あと勝地さん、高田さん、小池さん、仲さんといったメンバーです。


多部ちゃんは、たぶん小池さんに誘われたのでしょうね。

モテモテの森山さんとの久しぶりの再会もあったんじゃないかな。


小池さんとは、1年前の『GM』で共演して、あのカワイイ多部ちゃんが「おっさんみたい」って言われてましたが、この1年での多部ちゃんの大躍進には、納得するものはあるにしろ、驚いていることでしょう。


芝居の観劇はいつ以来かは知りませんが、『農業少女』から1年半、この間映像作品は充実しまくっていて、次の舞台までは、まだ9ヶ月ほどあるというこの時期に面白い舞台を観ると刺激されるものがあるでしょうね。


映画やドラマなどの映像モノには、自分の演じるパーツが組み合わさって、どういう作品になるのかという楽しみがありますが、舞台はまさにライブ感、自分と共演者と客の3者で、同時に創り上げるインプロビゼーションの緊張感、毎日毎回が同じにはならない面白さがあり、楽しんだ役者には、めっちゃシンドイけど、またやってみたくなる快感があるのでしょうね。


もちろん、合わない人にとっては体力は消耗するは、他の仕事は出来ないはで、二度とやりたくないだろうと思いますが、ミュージシャンがアルバムを創るだけじゃなく、ライブで客と一緒に盛り上がるのが最高なように、舞台の生の刺激、客のリアクションには映画やドラマでは得難いものがあると思います。


今月は、名古屋で、中谷さんと長澤さんのどちらも初の舞台が、2日間予定されています。

名古屋は文化的にローカルですから、舞台もコンサートもスルーすることが多いのですが、いつか多部ちゃんも名古屋で舞台をやってくれることがあるのでしょうか。


『サロメ』は、ちょっと高尚すぎて無理でしょうね(笑




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/816-ad0fe4d3

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫