“ ミタを観たか! ”

 2011-10-27
秋のドラマが今夜はじまる2本を除いて、ほぼ出揃いました。

その中で、出色の出来だと思えるのがあるので、書いておきたいと思います。


夏のドラマは、多部ちゃんの『ジウ』も良かったですが、何といっても『それでも、生きていく』が奇跡的に凄かったですね。


秋はそこまでのインパクトのある作品はないなと思って、観てたのですが、昨夜の『家政婦のミタ』第3話を観て、考えが揺らぎました。

あまりにも極端な話なんで、好みはあるとは思いますが、私は好きですねw


いままでの大雑把なあらすじは、リンクしてある別ブログ「ドラマは人生か!」に書いてありますから、興味がある方はご参照ください。


ここでは、キャストについて書きたいと思います。


まず、主演の松嶋奈々子さん。

数々の高視聴率のドラマに出て、キムタクか松嶋かと言われる時代を築いたことは周知のとおりですね。


でも、今回は久しぶりの主演ドラマで、もう過去の栄光は通用しないのではと思っていましたが、やっぱりすべてが整っていますね。

キャラとしてはあまり演技が必要ない役ですが、それもいいのかもしれないですw

でも彼女だから、ここまで出来るという作品だと思います。


第3話の視聴率が初回を上まって、19.8%とはや絶好調です。

キムタクに勝つかも知れません。いや勝って欲しいと思いますw


次が、ダメな父親役の長谷川博己さん。

多部ちゃんと同じヒラタオフィスに移籍して、『セカンドバージン』、『鈴木先生』、そして共演した鈴木京香さんとの恋愛報道と、いろいろとスゴイ勢いですねw


私は、『鈴木先生』でハマリました。

多部ちゃんと同様、芝居をしてないときは目立たないのですが、演技をすると若いのに実に味があります。


松嶋さんと互角に存在感を発揮していて、長谷川さんの好演もドラマを引き立ててると思います。


次は、長谷川さんの娘役の忽那汐里(くつなしおり)さんです。

若干18歳、ポッキーのCMで出てきたときは、面白そうな子だなと思ったのに、その後ちょこちょこは観るんですが、イマイチな印象でした。


同じ国民的美少女がらみで出てきた、武井咲さんがアッという間にブレークしたのに対して、伸び悩み感がありましたが、今回はイイですw

オーストラリア生まれのバイリンガルということで、日本語が滑らかでないことがあったとか、パッと見、アジアンテイストの顔だとか言われたりしますが、なかなか気合の入った演技を見せてくれます。


今回のドラマではキーポイントになる重要な役どころで、かなり注目されるのではと思います。


他では、相武さんがでていますが、役どころもそうなんですが、あまり観たくありませんw


息子2人と下の娘は、3人ともグッドです。

息子2人については、男の子には興味がないので、特に書きませんw


下の娘役の本田望結(ほんだみゆ)ちゃんは今をときめく私が苦手な芦田さんと同じ7歳ですが、私はこの子のほうが子供らしくて好きですねw

ドラマでも、だらしない父親の唯一の味方的な役割で、いい演技をしています。


ということで、『デカワンコ』みたいにいいドラマだと、キャストみんなが活きているという見本ですねw


まだ観てない方も、今からでも十分楽しめると思います。お勧めですw




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/864-23ec0b93

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫