“ 撮影は快調、かな ”

 2011-11-06

『ライアーゲーム』の撮影は、20人以上のキャストが集まって、集中して撮ってるようですが、一昨日は朝の4時まで撮影をしたようです。

撮影には、いろんな準備が必要ですし、予定しているシーンを撮り終わらないと、後がまた大変なことになるでしょうから、無理してでも予定どおり撮り終えたいということなんでしょうね。


その辺は、実際に映画の監督をしていたかわたさんが詳しいと思いますが・・・、


先月ロケをやっていたときには、何度か撮り残してしまったって監督がつぶやいていましたから、外で撮影するときには、引っ張るといっても限度があるのでしょうね。

どんな仕事でも段取りどおりいくことは難しいですが、特に映画などは芸術作品を創るわけですから、ちゃっちゃっと撮るなんてことは不可能で、納得するまでやるのは当然ですね。


で、監督のツイッターでは、昨日撮影が終わったときに、みんなの演技がすばらしくて、思わずスタッフなどから拍手が起こったって書いてありました。

15年ほど演出の仕事をされてるようですが、こんなことははじめてだということで、これはきっとイイ作品になるに違いないって書いてます。


もちろんクランクアップしたわけではなくて、1日の撮影の終了時にということですね。


こういうことを聞くと、作品にもすごく期待が持てますね。


そして、そういうすばらしい撮影の中心には、ヒロインの多部ちゃんがいると思いますし、きっと多部ちゃんの芝居が周りの人にリフレクトして、光り輝く崇高なシーンを生み出したのではないかと想像します。


この監督は、『ライアーゲーム』だけでもドラマ2回と映画1本を創っているわけですから、その時にもなかったような達成感、高揚感で満ち溢れたということで、うれしいですね。


多部ちゃんは、rakuyouさんのところにストレッチしている写真がアップされてるように、体はシンドくても、ハートはホットに燃え盛っているのでではないでしょうかw




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/874-06382d13

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫