“ 年 相 応 ”

 2011-11-13


「年をとるのは、弱虫にはできない」という言葉を有名な女優のベティ・デイビスが語っていると、どこかに書いてありました。

なるほど、って思いました。


まあ、これは私のような凡人が、年取って、無為に朽ちていくというというようなことを言ってるのではなくて、若い頃から、女優として偉大な業績をあげてきたベティ・デイビスのような人が、中年になり、老人になって、刻まれたしわをも芸の一部にして、観るものを感動させるということは弱虫にはできないということなんだろうと思います。

男でも、老化が進んでいくことは避けがたいわけで、毎朝鏡を見るのがイヤになりますが、女性であれば、なおさら気持ちが落ち込むこともあると思います。


それが、女優であれば、多くの人に、昔の若くて美しいイメージが焼きついているのが、今は・・・、っていうふうに見られるのは、ツライ面もあるでしょうね。


多部ちゃんは、今が真っ盛りで、見ごろで、鍛えごろということで、まさに怖いものなしの勢いですが、あと数年もすると、自分自身や周りの空気に微妙な変化を感じることになると思います。

もちろん、アラサーはアラサーの味があり、その後のディケードもそれなりにいい仕事が出来ることは、多部ちゃんであれば間違いないでしょうが。


でも、50年後というと、もう想像もつきません。

今の吉行さんぐらいの感じになるでしょうから、きっとお上品なおばあさまになるんでしょうね。


日本人は、アメリカ人のように老化が早く進んで急激に顔つきが変わってしまうということが少ないですから、絶えず前向きに生きる多部ちゃんのような人は、あまり大きな変化というものはないかもしれないです。

70になっても、きっとピュアで、プリティな面影は変わらないでしょうね。


仕事では、大竹しのぶさん、原田美枝子さん、加賀まり子さんなどのように、年相応の味のあるお芝居を見せてくれることでしょう。

もし、多部ちゃんがそこまで女優を続けてるとしたらの話ですが・・・、


そんないぶし銀のような迫力のある演技を観てみたいものだと思いますが、私には到底無理な話ですから、とりあえず、今から10年間の多部ちゃんの充実した仕事と変化に期待したいと願うばかりですw




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/883-0b6043c6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫