“ 一意専心 ”

 2011-12-27
この言葉はご存知の通り、『つばさ』で甘玉堂の家訓として、繰り返し語られた言葉ですね。

もちろん、人生の大切な指針として、よく使われる言葉でもあります。


女優多部未華子の歩みも、この言葉が非常によくマッチしてると思います。


もともとこの世界に入ったのは、ミュージカル『アニー』に出演したかったということですが、『HINOKIO』のオーディションに受かってからの、多部ちゃんの歩みは、寄り道することなく、女優道を邁進してきました。


若い女優は、モデルを兼ねる人や、歌手として歌う人や、バラエティにも積極的に出演する人など、さまざまですね。

それは、本人がやりたいと思ってるのもあるでしょうが、プロダクションとして、稼げるシーンで稼ぎたいとか、どれか保険をかけておきたいとかいう発想もあると思います。


当然、多彩な活動をする人は、それだけテレビなどへの露出も増えるわけで、それがいいとも言えますが、逆に女優としての印象を弱める可能性もありますね。

女優というのは、やはり作品の中で輝いてこそですから、あまりお芝居とは関係のない仕事で、イメージを植えつけるっていうのは、どうかなって思います。


もちろん、歌手として活躍し、女優としてもいい仕事をする方もいますが、一生の仕事として、長い目で見てどうなんだろうってことですね。

正解があることじゃないですから、その時にやりたいことを精一杯やればいいという考え方もありますが、女優という奥の深い仕事に関しては、ちょっと違うんじゃないかなって思います。


それだけ、女優という仕事は特別なもので、時代は変化してるとは言っても、兼業でやれるほどの位置づけのものではないのではと思います。


多部ちゃんは、いままでに歌を2曲歌っていますが、一つはCMがらみの配信だけでしたし、もう一つは、ドリカムの特別企画の中のひとりということで、歌手デビューということではないですね。

多部ちゃん本人も、歌は苦手だから、できればやりたくないと冷静に言っています。


そんな多部ちゃんの女優業への一意専心ぶりをタップリ見せてくれた今年に続いて、来年は芝居をさらに深耕するに違いない思います。




タグ :
コメント
多部さんの歌というと、ラジオぽてとの屋上で浪岡と歌った「あなたが好き」も好きでした。薬師丸ひろ子さんを思わせる澄んだ声でしたが、ROLLYさんのキーにあわせてファルセットだったのでしょうか。
【2011/12/28 10:35】 | サントラもいいぞ! #Rb5AAWos | [edit]
ああ そうでしたね。
なかなか良かったですね。

ファルセットで、いいじゃんって思った記憶がありますw
【2011/12/28 23:31】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/930-36a59618

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫