“ 22歳の多部ちゃんを振り返る ”

 2012-01-24
多部ちゃんの22歳が、あと数時間で終わります。

以前は、ブサカワの集中砲火を浴びたり、誰それって言われたり、ネット上では、腹が立つことが多かったのが、風向きがイッキに変わったのが、昨年の1月の『デカワンコ』放送からでした。


多部ちゃんが、初主演ドラマで、お茶の間のみんなのハートをガッチリ掴んだ記念すべきスタートがほぼ22歳だったということですね。


そこで、もうすぐ終わってしまう多部ちゃんの22歳を振り返ってみたいと思います。


まず、最初は昨年1月15日から始まった『デカワンコ』ですね。
放送が始まった時点では、正確にはまだ21歳でした。

この初回を観たときは、あまりのすばらしい出来にぶっ飛びましたw


同じく、この時期に、『GM~踊れドクター』と『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』のDVDが発売されました。
いずれも、前年の作品ですが、『GM』は、『農業少女』のインパクトを受け継いだ作品ということで、見応えがありますね。


2月は、『デカワンコ』が視聴率も健闘して、評判になってきた時期です。

タイムリーに、この時期に『農業少女』の迫真の演技で、読売演劇大賞の新人賞に当たる杉村春子賞の受賞が発表され、多部ちゃんは、確か「死んじゃいたいぐらい、うれしい!!」というようなハイテンションなコメントをしていたと思いますが、それだけ『農業少女』が大変だったのと同時に大きな達成感があったからだと思います。

さらに、たたみ掛けるように、新CM、C1000「げんきいろマーチ編」と「Cのシャワー編」が発表され、カワイイ多部ちゃんのスポットCMがたくさん見れました。 


3月は、『デカワンコ』が絶好調でしたが、震災で大変なことになりましたね。

そんな中、1週間の中断で、9・10話と放送して、ワンコの笑いを提供してくれたのは、英断だったと思います。

あと、この月は、多部ちゃんと三浦君が主演して、評価の高かった『君に届け』のDVDが発売されました。


4月は、神のような『デカワンコ』が終わってさみしくしてる時に、Web上で、まさかのインディーズテイストの短編映画『真夜中にとびうつれ』が公開されて、多部ちゃんの違う側面が観れてうれしかったです。

そして、まさかのワンコリターンですね。
『デカワンコ ちょっとだけリターンズ』には驚かされましたが、ワンコチームの遊び心に大拍手でした。


5月には、『リターンズ』の余韻が残るころに、DVD-BOXが発売されました。

さらに、『デカワンコ』の好演で、ザ・テレビジョンのドラマアカデミー賞の主演女優賞を受賞しました。


6月は、日テレで『本当のエコを考える地球旅行』で、キューバに行って、タベちゃん、タベちゃんと言われながら、ミミズに真剣に驚いていたのが印象的でした。

さらに、新しいCM、日産マーチの「ちゃっかりさん編」が始まって、「ちゃっかり!」がカワイかったですw


7月は、22歳で二つ目の主演連ドラ『ジウ~警視庁特殊犯捜査係』がはじまりました。

同年代の黒木さんとの共演にも驚きましたが、下着になるシーンに挑戦するというのも、それまでの多部ちゃんのイメージを変えようとしているようで、刺激がありました。

年上の北村さんへの恋心を仄めかす演技も萌えましたねw

その番宣で、はじめて「徹子の部屋」に出ました。
徹子さんがああいう方なんで、打ち解けない感じでしたが、マジメな多部ちゃんが観れました。

あと、オフィシャルで、「プラハニスム」第1回がアップされました。


8月は、引き続き『ジウ』ですね。

「プラハニスム」の第2回と3回がアップされて、プラハでの多部ちゃんの楽しそうな様子を見ることができました。


9月は、『ジウ』が完結しました。

終盤の非現実的な展開に賛否両論でしたが、通して見れば、多部ちゃんにとっては刺激的で、今回もいい仕事をしたと納得できる作品でした。

その他、番宣で、いくつかのバラエティに出ましたね。
さらに、C1000の『毎日C1000編』がスタートしました。  


10月は、『デカワンコ・スペシャル』はいつ作るんだろうと心配している時に、なんと『ライアー・ゲーム -再生-』クランクインの情報が飛び込んできて、またまた驚きましたw

カワイイ多部ちゃんがいっぱいのRope’Picnicのリーフレットもこの時期ですね。


11月は、『 真夜中からとびうつれ 』の全国公開がスタートしました。

そしてついに、『デカワンコ・スペシャル』の撮影がはじまって、まさかのパリロケに行きましたねw

C1000の第4弾CM、今もよく流れる『冬の3習慣編』もはじまりました。


12月には、『 源氏物語 千年の謎 』 が公開され、またまた多部ちゃんの新境地を味わうことができました。

その番宣で、『 ひみつの嵐ちゃん 』に出て、食いしん坊の多部ちゃんとニノ、翔くんとのタメ口トークがサイコーでした。


で、明けて1月は、7日に待望の『デカワンコ・新春スペシャル』が放送されました。

メイキングがすばらしい『ジウ』のDVD-BOXも発売されました。

そして、次は『ライアー・ゲーム』の公開待ちかなって思っていたら、まさかの次から次への怒涛の新作情報ラッシュですから、もうビックリですw


ということで、デビューから着実に、仕事の量もクオリティもアップしている多部ちゃんの22歳の仕事っぷりを振り返って、あらためて、精力的な活躍で、私たちの心をときめかせてくれたことに感謝をしたいと思います。



なお、今日の記事を書くに当たっては、rakuyouさんの「多部さんの歩み 2011」を参考にさせていただきました。いつも、ありがとうございますw


ところで、最近、名古屋の地下鉄に多部ちゃんがあらわれまして、ドアのところでにっこりと微笑んでくれますので、車内読書がはかどらないという悩みがありますが、それはゼイタクってものでしょうか(笑




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/959-ba29102d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫