“ のんしゃらん ”

 2012-01-26

先日亡くなった作曲家・林光さんの記事に、“のんしゃらん”という言葉があって、面白そうなので、書きたくなりました。

ノンシャランというのは、フランス語だそうです。


意味は、無頓着でのんきなさま、なげやりなさまということだそうです。


林光さんは、ユニークな作曲家で、クラッシックとポピュラーの区別がない方だったそうです。

私も、映画音楽なんかで多少は知っていました。


その仕事は、交響曲から沢田研二のミュージカルまで、難しすぎるのもやさしすぎるのも駄目。偉大なる中道と言われています。

本領は器楽よりも歌。彼の音楽は常に言葉を欲したそうです。


この辺りは、私もそうですね。

どんな音楽でも、インストよりもイイ歌が入っているもののほうが好きです。


芝居の音楽も手がけられたそうで、俳優座のために書き、オペラに発展した「森は生きている」が有名だそうです。


役者で、滝沢修はって聞かれると、「うますぎてどうも」といい、名調子は苦手だったそうです。

一方で、千田是也や小沢栄太郎の名を出すと目を輝かせて、彼らのせりふ回しはぶっきらぼうで不愉快そう、のんしゃらんにも聴こえる。それがいいと言う。


本当の答えが見つからず悩む。時に斜に構える。でも諦めない。そんな姿勢で発語すると名調子にならない。永遠の懐疑。それが理想だったそうです。


というような記事を読んで、多部ちゃんのことを思いました。

多部ちゃんも流暢なうまい芝居とは対極にある人だと思います。


どんな役をやっても、これという答えは見つからず、悩み悩み演じる。

でもどこまでも諦めない。


永遠の懐疑を最後まで持ちつつも、簡潔に演じる。

ときになげやりで、無頓着な様子が伺える芝居というのは、私も大好きですねw



タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/961-81a8736f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫