“ アゲインストはフォローに ”

 2012-02-04
昨夜、関東で『ライアーゲーム』の再放送がはじまったようで、戸田さんから多部ちゃんに替わったことをはじめて知った人からの、アゲインストの嵐が吹いています。

まあ、これは最初から想定されたことですが、これだけたくさんつぶやかれてるのを見ると、あらためて多部ちゃんはよくこの仕事を引き受けたなぁって思いますw


多部ちゃんは、守りに入る人じゃないですから、こういうリスキーな仕事を受けても失うものは何もないし、っていう気持ちでやったと思いますが、これだけ反響があるというのは、逆に言うとチャンスでもあるということですね。

ピンチはチャンスということですw


いろんなイキサツがあって、この仕事のオファーがあったと思いますが、その真実はどーでもいいことで、選ばれたのがどうして多部ちゃんだったのかということが重要ですね。

戸田さんがなしとなった時点で、ヒロインとしてこの映画を支えることが出来るのは、多部ちゃんしかいないという結論になったのだろうと思いますが、それは安定感がありつつもメリハリの効く演技力に優れているということと、このところメキメキと伸びてきた人気によるものでしょうね。


制作側は、ファンからの人気が、オリジナルの神崎直を越えることは考えていないと思いますが、最善の策として、篠宮ユウという新たなヒロインをつくって、多部ちゃんの持ってる魅力にゆだねるというプランだったのだと思います。


その辺は、短い予告を観ても、多部ちゃんらしい演技がサクレツしていて、活きてるのが伺いしれますね。

全編観たら、どんなに迫力のある演技が観られるのだろうと期待してしまいます。


まあそれだけでは不安で、二重三重に客うけするキャストを揃えているわけですが、やぱりヒロインが作品の良し悪しを左右することは間違いないですね。


いま猛烈な勢いで吹いているアゲインストの風は、2月9日に行われる完成披露試写会で、だいぶ風向きが変わるのではないかと期待をしています。

アゲインストが強ければ強いほど、それが一旦フローに変わったら、その後押しの力は普段吹いている風の比ではなく、相当に力強いことは想像に難くないですから、それが楽しみでしょうがないですね。


完成披露試写会には、当選した人、外れた人、悲喜こもごものようですが、なんと、その舞台挨拶の模様がニコニコ動画でライブ配信されるということですから、遠く離れた私なんかも楽しみですw

当日の18時15分から配信されるということですので、多部ちゃんのMCに注目をしたいと思っています。


「みなさんは、本当は神崎直を期待されていると思いますが、私は篠宮ユウとして、ベストを尽くしましたので、少しでもお楽しみいただければ幸いです」というような謙虚な挨拶が聞けるのではないかなと勝手に期待をしていますw




タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/971-bef7e218

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫