“ ケータイ小説家の愛 ”

 2012-02-28
タベリスト仲間の河田秀二さんの、脚本、ノベライズ原作の映画です。

2009年の作品です。


かわたさんは、ウディ・アレンのように、学生時代の自主映画制作当時から監督・脚本・主演で、活劇一筋で映画を創ってきた方で、オムニバス映画『KILLERS』を撮った縁で、恋愛モノを書いてみないかと言われて、迷ったあげくに、彼なりの発想で書いた作品だそうです。

その時に監督もどうかという話があったそうですが、東京でのプロの映画の仕事をやめて、三重の実家に帰って、いまの仕事についていたので、断念して、他の方が監督をされたということです。


主演は、田代さやかさん。

私は知らなかったのですが、いまも活躍中のタレント、グラビアアイドルだそうです。


いまや身内同然のかわたさんの作品ですので、冷静に客観的に評価するのは、非常に難しいのですが、できるだけ思ったことを正直に書きたいと思います。


その前に、この映画を観始めてすぐに思ったのは、gonbeさんが観るって言ってたけど、最後まで観れるのかしらってことですねw

いわば、稚拙な演技、演出、あり得ないようなストーリーにgonbeさんの性格だと、途中でギブアップするんじゃないかなって思ったことです。

その辺は、gonbeさんの記事に書いてますので、関心がある方はどうぞw


また、ご自分の出身地であり、自主映画制作当時にこないだ多部ちゃんがロケをしていた布施の商店街の同じ場所で撮影をしていて、いてもたってもいられず駆けつけ、多部ちゃんのロケを間近で見て、声までかけたかわたさん本人の想いはこちらですから、これも興味がある方はどうぞ。


で、この映画ですが、かわたさんが言いたかったことの主旨については、理解できますし、面白い着想だと思いました。

でも制作された作品は、その狙いは伝わったかというと、残念ながらだいぶボケてしまっていると言わざるを得ないですね。


向こう見ずな青春の想いや現実のドロドロとしたイタイタしい経験を徹底して描くことによって、見えてくるものを浮き上がらせようとしたのだと思いますが、出来上がったのはオブラートで包んだ甘いコーティングのお菓子のようでした。

非現実的な夢物語って感じですね。


エンディングの問題もありますが、それ以上にヒロインが受ける悲惨な体験が、ちっとも悲惨な感じがしないところが問題じゃないかなと思いました。

それは、ヒロインのキャスティングによる部分が大きいと思いますが、この企画が最初から田代さんという売出し中のグラビアアイドルが念頭にあったのなら、かわたさんが書いた脚本が活かされることは難しかったのではと思います。


レイプや暴力などのリアリティこそが、この作品を下支えするものだと思いますし、それとの対比でこそ、ハッピーエンディングが生きると思いますので、その点、脱ぐのが必然とは言いませんが、下着すらほとんど見せないような演出では無理がありますね。

悲惨な話ですら、メルヘンチックな雰囲気では、伝わるものも伝わりません。


日活ロマンポルノの赤い髪の女シリーズぐらいまでやれれば言うことないですが、観るものをゾクゾクさせるような表現がなければ、思いは伝わらないと思いました。


ですから、プロデューサーの意図が違うというか、出演者の演技がどうのこうのという以前の問題が大きいと思います。

その辺は、メイキングで、出演していたイケメン揃いの男優たちも語っていましたね。


まあ、企画段階から、無理があったということだろうと思いますが、かわたさんが恋愛とケイタイというキーワードで脚本を依頼されて、狙った意図はかわたさんらしくラジカルで捻りがあって面白そうだなっていうことはわかりました。


なお、この作品も、かわたさんが脚本・監督したオムニバス『KILLERS』や、デビューしたての松浦亜弥ちゃんが眩しい『亜弥のDNA』も、アマゾンなどで〇百円ぐらいでゲットできますw




タグ :
コメント
yamarineさん、有難うございます。知らない間に観て頂いたのですねw

ズバリ、核心を突かれてると思います。グーの音も出ませんw

そうなんですよね、最初に書いた脚本は、確実に成人指定になりそうなハードさで、もしそのまま映像化されたら、皆さんに僕の人格を疑われちゃうような内容でしたw

それ以前の作品でも、自分の中に隠れてる激しさとか、狡猾さを登場キャラを通して表現する事で消化して来ましたけど、エロさも相当なもんだなぁと自分で呆れる位、ノリノリで書いてましたw

でも冷静に考えれば、ピンク映画じゃないんだから、そのまま映像化出来るワケがないんですよね。なのに、その時の僕は、何とかなるんじゃないかって、甘い認識しかしてなかったんです。そもそも、そこから製作者や出資者側とのズレが始まってたんですね。

主演が田代さやかさんだというのは、脚本の最終仕上げを監督さんに譲った後で決まった事でした。AVの人でもいいから、裸や濡れ場をしっかり表現出来る女優さんに主演して欲しかったです。仰るとおり、この時点で既に、企画の狙いは完全に崩れてたと思います。

出来るワケがない事を書いてしまった脚本家と、その脚本家がやりたかった通りに映像化しないと意味が無い企画である事を見抜けなかった(あるいは、あえてスルーした?)製作陣、そして真面目にフツーに撮っちゃった監督さん。

仰るとおり、役者の演技以前の問題だったと思います。この作品は自主製作か、ピンク映画として創ったら面白くなったかも知れません。その時の体制では出来っこない企画である事を考えなかった、僕の痛恨のミスだったと思います。

でも、それでも自分が生んだ(自分自身を投影した)登場人物たちがいとおしくて、決して嫌いにはなれない作品なんですよね。だからこそ、最後まで自分で育てる=自分で監督するべきだったかも知れません。
【2012/02/29 01:08】 | かわたべ5678 #JEWgu.KM | [edit]
>知らない間に観て頂いたのですねw

gonbeさんが次に観るって書いていて、なんだろうって調べてみてアマゾンで頼んだということです。
一人で観たかったので、3日間かけて一昨日観終わったところでしたw

>僕の人格を疑われちゃうような内容でした

そういうのが観たかったですねw

>製作者や出資者側とのズレが始まってたんですね

おまかせで書いてもらって、あとはPと演出でアレンジするってことなんですね。
なんか納得いかない感じもします。

>僕の痛恨のミスだったと思います

でも、その体制に合わせて考えるってのもどうなのかなって思いますよね。

>決して嫌いにはなれない作品なんですよね

であれば、やって良かったってことで、いいですよね。

私も、2回目3回目で印象が変わるかもしれないですから、あと数回は観てみますw



【2012/02/29 22:28】 | yamarine #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/995-98c2dc9f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫