“ ライアーゲーム -再生- ”

 2012-03-03
やっぱり、マルデ主役な多部ちゃんでした(笑

今日は遅番だったので、どうしょうか迷ったのですが、初回を観て、急げば出社時間に間に合うので、朝一で観てきました。

封切日の初回なんて、たぶんはじめての経験ですw


それで、チェックポイントは、第一に多部ちゃんの演技と存在感、第二が作品の出来です。

ここからは、ネタバレ関係なく書きますが、私はある程度わかっていても十分に楽しめましたw


まず、多部ちゃの演技は、さすが鉄板女優と言われるのに相応しく、安定していて、すばらしかったです。

もろもろの悪条件は一切関係なしに、いつものようにその役・篠宮優になりきっています。


素直さ、真面目さ故の心の弱さや迷いを、自然な演技で見事に演じていたと思います。

見どころは予想していた以上に、いっぱいあります。


秋山を裏切るシーン、屋外で秋山と話すシーン、バスに乗って帰るところ、エンドロール後のラストなどなど、他にもイッパイありました。

多部ちゃんの得意技である、静と激のメリハリが印象に残ります。


抑揚のある演技という点では、クールな秋山と違い多部ちゃんは揺らぎまくりますから、演技のふり幅が大きい分、ストーリーを引っ張っていますね。

だから、普通であれば、主演は松田さんと多部ちゃんの併記ということでしょう。


でも、ラーアーファンや戸田さんに配慮して、表面上では多部ちゃんが一歩引いていますが、作品を観れば、そういう事情に関係なく、多部ちゃんの存在感、演技力に大きく依存した作品になっていることがよくわかります。

予想通り、新生ラーアーゲームの殊勲章は多部ちゃんということですね。


次に作品の出来ですが、十分に合格点がつけられると思います。

私の評価としては、甘めの☆4つですw


まず、イス取りゲームという一見単純なゲームを、複雑な駆け引きだけど、理にかなったチーム戦として巧みに描いていたので、入り込むのが難しくなく、ゲームそのもの以上に主な参加者の思惑が浮き出ていて面白かったですね。

序盤は、同じことの繰り返しでちょっとダレそうになりましたが、優が裏切ったあたりからは俄然盛り上がって、このゲームには似つかわしくないと思われるハートウォーミングなエンディングもスンナリ受け入れることができました。


私はこの作品は、一応二つのドラマシリーズと前の映画を観ていますが、まったく遜色のない緻密で盛り上がる出来だったと思います。

神崎直役の戸田さんもハマっていますが、篠宮優役の多部ちゃんもタイプの違う女の子として、見事な存在感を示していたと思います。


ということで、パンフのインタビューにある、他の方からの多部ちゃんの印象について、ピックアップしておきます。


松山監督:多部さんとは今回始めてお仕事させていただいたんですが、すごい女優さんだなと思いました。理屈と感性を両方併せ持っている。頭から最後までの優が彼女の中でちゃんと出来上がっていて、つながったものを見たときに、僕よりも優のことをわかっていたんだなとあらためて感じさせられました。


松田さん:多部さんは大変な役どころだったと思うんですが、現場での彼女の演技を見て、驚きました。彼女が本当に怖がっていないと、すごく嘘っぽいお話になってしまう。そこが今回のカギだろうと思っていたんですが、迫真のお芝居で、現場の空気もキュッと締めてくれて。多部さんにはすごく感謝しています。


新井さん:現場では、ウチは勝手に「多部ダンス」って名付けたんですけど、撮影の待ち時間に行われる多部さんのストレッチを見て、癒されていました。


池田さん:多部ちゃんは私のなかで、“日本一困った顔が顔が美しい女優さん”。困れば困るほど美しさと存在感を放つので、もうメロメロでしたね。私ドSなんですw


高橋さん:多部さんは、仕事に対する集中力がものすごい。クールビューティな女性ですよね。


濱田さん:多部ちゃんは目がきれいで、目を見てお芝居をしてると好きになっちゃうんですよねw


多部ちゃんエピ:大学を卒業したばかりの優を演じる多部未華子さんは、実は現役の女子大生。撮影中のハードなスケジュールのなかでも、小まめにロケ地の茨城から都内の大学に通う姿に現場一同、感心!!


と、絶賛の声が相次ぐ多部ちゃんの醸し出す魅力で、自然といい現場になって、いい作品ができあがるのが必然という感じすらしますw


今朝の名古屋駅前の劇場の入りは、大きなスクリーンで、半分ぐらいで、まずまずのスタートだろうと思います。


今日すでに観た多くの人がつぶやいたり、ヤフーのレビューも増えていますが、おおむね好評で、多部ちゃんの株も上がっているのがうれしいですね。


さあ、明日の朝は、いよいよ『サロメ』の先行発売です。

多部ちゃんのご加護がありますように(笑



タグ :
コメント
yamarineさん、こんにちは。
またまたお久しぶりです。

私は初日レイトで観て来ました。
私はライアーゲームと云う作品が全くの初心者で何の情報も無く観に行きました。いつもでしたら過去の作品を復習してから~という感じでしたが、今回は一切情報無しでしたので、前作品とは比較する事ない状態で鑑賞させて頂きました。で、結果楽しかったです。初ライアーゲームでしたが、多部ちゃんへの思いを差し引いたとしても楽しめました。ただ、映画というとちょっと厳しく観ざるを得ないかなぁって思いましたが。多部ちゃんの演技は個人的に玉木つばさとリンクして凄く良かったと思いましたね。最近はキャラの立った多部ちゃんが多かったですからね。あくまでも個人的な好みですが…(汗)それにしても多部ちゃんは演技に集中すると顎回りがスッキリしますね。金曜日のいいともの時と比べると歴然ですが、まぁ、ヘアースタイルも影響しますが、さすがカメレオン多部ちゃんです。今回もやられました、良い意味で多部ちゃんには裏切られっぱなしです(笑)
【2012/03/04 09:21】 | ももちゃ #LR3YxYkY | [edit]
>多部ちゃんへの思いを差し引いたとしても楽しめました

それは良かったですね。
ああいう作品は、若い人以外は時として、置いてきぼりをくらいますからねw

>玉木つばさとリンクして凄く良かったと思いましたね

つばさもあったし、爽子も時々出てきたような錯覚をしましたw

>キャラの立った多部ちゃんが多かったですからね

彼女はオールマイティだから、トリッキーな役が来ちゃいますからね。

>さすがカメレオン多部ちゃんです

彼女は、イメージを固定することにこだわらなくなってきましたね。
それも、百子やワンコが成功を収めたことが大きいと思いますが・・・、
だから、ヘアスタイルのせいで、顔の形もしょっちゅう変わるのが、絶えず新鮮でいいと思いますw

【2012/03/04 18:28】 | yamarine #- | [edit]
初日レイトで2回目の鑑賞をしてきました。

国盗りをめぐってのどんでん返しの連続の顛末がわかちゃっている分、1回目よりもずっと演技を楽しむことに集中できました。

試写会で観たときの印象よりも多部ちゃんが映っているシーンの長さやウェイトが大きく感じられて、とても楽しめました。

家に帰ってから、録画していた映画の前作を倍速で見ましたが、こちらは即消去しました。

神崎直ちゃんは一本調子の設定なので、ゲームがどう動いて結末がどうだったかという情報がわかってしまったら、ドラマとして観たいものは残っていないつくりになっていますが、「再生」のほうは役者の演技が生きるドラマになっているので、作品の質は大違いだと思います。

2度目でも十分新鮮です。そういう意味で「再生」に意味はあったかなと。

この前のコメントにも書きましたが、かわたべさんが分析しているのと同様のことを感じていて、テレビの第1シリーズと映画の前作(テレビの第2シリーズは見てませんが、映画がああなんだから、きっと同じでしょう)は漫画的な設定を漫画的に実写化し手居たのに対して、本作は漫画的な設定にリアリティをもちこんでいて、その違いを多部ちゃんがただ一人で担っているので、多部ちゃん、マンモスグッジョブ!という爽快感がありますね。

それと再生」という言葉に、いちど人を裏切った人間だからこそ人を信じることを強く希求するというかたちでの「再生」が、かぶっているように感じられて、制作者はそんなことは考えてないかもしれませんが、勝手にその意味合いを味わって悦に入ってました。

とにかく多部ちゃんが演技している時間がそれなりにありますから、何度も楽しめるのは間違いないです。

【2012/03/05 02:56】 | Deep Purplin #5I3Trcm2 | [edit]
>多部ちゃんが映っているシーンの長さやウェイトが大きく感じられて

それはあるでしょうね。私も2回目に早く行きたくてウズウズしていますw

>「再生」のほうは役者の演技が生きるドラマ

私もちょっと前に前作は観たのですが、再度比較したくなり、映画チャンネルでやったのを録画して2/3観たところです。
まったくおっしゃる通り、リアリティがなくて、薄っぺらい作りで、「再生」は別ものだなっていう感を強くしましたね。

>多部ちゃん、マンモスグッジョブ!

異議なし!!
【2012/03/05 19:57】 | yamarine0125 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://yamarine48.blog44.fc2.com/tb.php/999-6d2122c7

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫